会社をクビになったらするべきことは?

| コメント(0) | トラックバック(0)

給与所得者なら原則として雇用保険に加入していますので、
失業しても一定の期間は失業給付を受けながら次の仕事を探すことができます。

会社をクビになったからといって、落ち込んでいる暇はありません。
気持ちを切り替えて、まずは失業保険を受けるための手続きをしましょう。

会社を退職すると、通常は2週間ほどで離職票が自宅に届きます。
離職票が届かない場合には、会社が忘れている場合もあるので、
会社に連絡をして発行してもらいましょう。

離職票がないと失業保険の手続きができません。
派遣やアルバイトの場合には、労働者から「離職票が必要」ということを
言わないと発行してもらえないこともあるようですので、
退職の時にしっかりと伝えておきましょう。

離職票が届いたら、まずは「退職理由」の欄を確認します。
クビになったのに、自己都合での退職と書かれている場合には、
ハローワークの職員に本当は会社の都合でクビになったのだということを
説明しなければなりません。

自己都合での退職の場合には失業給付を受けるのが3ヵ月後になってしまうので、
自己都合退職にされてしまうと3ヶ月間無収入になってしまいます。

無収入になるわけですので生活が厳しくなります。
夫婦共働きなら片方が働いていればなんとかなりますが、
専業主婦などでしたらかなり厳しくなるでしょう。
そんな時強い味方になってくれるのが、銀行カードローンです。
専業主婦で無収入でも借りることが可能だそうです。

ハローワークで手続きをした後は、待機期間の7日間があり、
その次の日から失業給付が受けられるようになります。

失業給付が受けられる期間は年齢や雇用保険に加入していた年数によって差があり、
3ヶ月~1年です。気持ちを切り替えて次の仕事を探しましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://certifiedpt.org/mt-tb.cgi/2

コメントする