失業中の節約方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

もしも失業してしまった場合、持家があるなら家賃はかからずに済みます。

ローンが残っている場合、賃貸住宅に住んでいる場合は
家賃を払っていかなくてはなりません。

それ以外にも色んな場面でお金をつかうため、
無収入の人は生活がかなり苦しくなるでしょう。

ですがお金はやはり必要。
最悪の場合はキャッシングなどを利用しなければなりません。
キャッシングをするにあたって、やはり友人や家族などにバレたくないですよね。
審査なしでお金を借りたいと考えている人はそんな考えは、まず捨てて下さい。
まずは電話での在籍確認がない業者を探しましょう。

失業手当が下りる場合、それで賄うことができるでしょう。
その他は次の就職先が決まるまで節約は必須です。
時間があるからといってパチンコや競馬など
ギャンブルで一儲けをしてなんとか繋ごうという考えは無駄です。

ひとたび儲けることができても負けが続き、
元手が一切なくなるのは時間の問題です。

そんな時間があるならば一刻も早く就活を始めなければなりません。
交通費がかからない範囲で就職先がないか当たってみると良いでしょう。

就職雑誌を見るだけでなく、ハローワーク通いや面接で
交通費はどうしてもかかってしまう費用です。
それを捻出できるよう、食事は3食だったところを2食に抑えたり、
量を少なくするしかありません。

家族・親族に頼れるあてがあるならば相談し協力してもらえれば
だいぶ助かりますが、見込みがない場合は
自炊で2,3日食べれるようなメニューを作ります。
光熱費も削減できます。

せっかくの求人があっても生気が感じなければ
力不足に見えて採用に至らないでしょう。
麺類、パン、ご飯の炭水化物でお腹を満たすのではなく
野菜を多く取りお腹が膨らむよう食事内容も工夫しましょう。

献立を考え、自炊することは頭の回転をよくし、
仕事をこなす要領もよくなり、結果的に節約に繋がります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://certifiedpt.org/mt-tb.cgi/5

コメントする